スポンサーリンク
1

以前冠婚葬祭が続いてお金が足りなくなった事がありました。

 

私だけ出席しないわけにもいかず困っていた時に便利だったのがカードローンです。

 

カードローンは文字通り、カードを使ってお金を借りるローン商品です。

 

キャッシングと良く似ていますが、カードローンのほうが利用限度額が高め、金利が低めと言うメリットがあります。

 

近頃ではインターネットとパソコンで自宅に居ながら申し込み出来るのが良いですね。

 

早速カードローンの申し込みページにアクセスするといろいろな入力項目があります。

 

一つ一つ入力、または選択していき間違いが無いか確認してから送信するとすぐに審査結果の連絡が入りました。

 

審査には無事に合格、そのままネット上で契約を済ませるとその日のうちに指定の銀行口座に振込されました。

 

数日後に迫っており急ぎで現金が欲しかったので、その銀行のキャッシュカードを持ってATMまで出かけて引き出ししました。

 

意外とあっさりとお金を借りる事が出来てビックリです。



スポンサーリンク


 

これで何とか間に合わせる事が出来たのでカードローンに申し込みしてみて良かったです。

 

 

]

 

 

お金を借りた後は当然ながら返済する事が必要です。

 

10万円を借りたのですが残高スライド方式により毎月の返済額は1万円に設定されました。

 

急ぎだったので返済の事まであまり考えていなかったのですが、毎月1万円なら楽に返済出来そうです。





 

毎月一定額なので分かり易いのも有難かったですね。

 

返済中に生活費が足りなくなった事があったのですが、追加で3万円借りても毎月の返済額は1万円のままだったので助かりました。

 

トータルの利息分の支払も意外と少なかったです。

 

借りたお金の使いみちが自由なので、旅費や趣味の資金など何かとお金が足りなくなった時にはカードローンを利用するようになりました。

 

以前と違い、カードが手元にあると足りなくなった時はすぐに借りられると言う安心感が生まれました。

 

 

3

 

 

その代わりに安易にお金を借り過ぎると後で大変です。

 

そこでカードローンのホームページにある返済シミュレーションで無理のない計画を立てています。

 

返済シミュレーションなら難しい計算を行う事無く、利息がどれくらいになるのか分かるのが良いですね。

 

カードローンは毎月の返済は楽ですがそのままより追加返済したほうが利息の支払が少なくなってオトクです。

 

そこでお金を借りた後はコンビニにある提携ATMにてお買い物ついでに追加返済するようにしています。

 

コンビニなら街中にたくさんありますし、24時間営業なので追加返済したい時に困らないのが良いですね。

 

→楽天銀行のカードローンはこちら


商品一覧

商品詳細