スポンサーリンク
4

楽天銀行は日本にいくつかあるネット銀行のうちの一つです。

 

元々はイーバンク銀行でしたが楽天銀行へと変わりました。

 

ネット銀行はパソコンやスマホなどで手軽に取引できるのが魅力です。

 

円預金や定期預金などにお金を預けるのは勿論の事、住宅ローンやカードローンなどでお金を借りたい時にも便利です。

 

日本では定期預金の金利がずっと低いままでお金を預けても中々増えない状況です。

 

そんな時でも楽天銀行ではネット銀行ならではのオトクな金利となっています。

 

今までは定期預金を組む時は店頭で書類を貰い、店頭で手続きすると言うイメージがありました。

 

しかし楽天銀行に口座開設してからはネット上で定期預金を組む事ができるようになりました。

 

元本1000万円までとその利息分は預金保険制度で保護されているため、長期で預けても安心感があります。

 

 

1



スポンサーリンク


 

 

ネット銀行を利用する上で気になるのがセキュリティーです。

 

もしIDやパスワードが外部に漏洩してしまうと、勝手に振り込みされかねないです。

 

しかし楽天銀行ではセキュリティー対策がしっかりしています。

 

事前登録してあるメールアドレス宛てにワンタイムキーが記載してあるメールが届く仕組みになっています。

 

このワンタイムキーが無いと振込や定期預金中途解約など重要な取引を行う事ができないです。





 

ワンタイムキーは送信後60分まで1回限り有効なので不正取引するのは非常に困難となっています。

 

さらにIP制限サービスがあり事前に登録済みのIPアドレスからのアクセスしか取引できない仕組みも導入しています。

 

基本的にIPアドレスは世界で一つだけなので、安心してネット銀行を利用できるのが良いですね。

 

最大5個までIPアドレスの登録ができるので自宅以外のコンピュータから取引したい時でも大丈夫です。

 

その代わりにプロバイダを変更するとIPアドレスも変わってしまいます。

 

一度プロバイダを変更した事があったのですが、その前にIP制限サービスの利用を停止する事が必要でした。

 

 

2

 

 

楽天銀行ではメールで送金できるメルマネと言うサービスも提供しています。

 

今までオンラインバンキングで送金する時は手続きが面倒だったのですが、楽天銀行のメルマネなら事前に登録したメールアドレスの持ち主に簡単に送金できるのが魅力です。

 

支店番号や口座番号が分からなくても大丈夫、どんな送金なのかメッセージを添えて相手に伝える事もできます。

 

相手も楽天銀行の口座を持っていれば即時に送金が反映され、さらに振込手数料まで掛からないのが嬉しいところです。

 

便利でお得なので家族間の資金移動は楽天銀行のメルマネをいつも使っています。

 

3

 

楽天銀行のホームページはこちら

 


商品一覧

商品詳細