スポンサーリンク

『大戸屋』で美味しい定食をいただいてきました!

夕飯にご飯を、お米と食べたいなと思ったときに、ふと目に留まった看板は、「大戸屋」さんでした。

 

気軽に入れる和食チェーン店で、お米がおいしく食べられて、どこかゆっくりできる内装に、とても気に入っているお店です。

 

京成線船橋駅に向かう連絡通路から、エスカレーターで一つ上の3階へ。

 

エスカレーターを降りてまわりをきょろきょろ、建物の一番奥にお店がありました!

 

【関連画像1】

 

混雑することもあるのか、お店の前には入店待ち用の椅子が並んでいます。

 

お店の中に入ると、まだ席に余裕があったため、すぐに店員さんが席に案内してくれました。

 

壁沿いには2人以上のボックス席やソファー席が並び、中央には、まるでカウンター席のような横並びに座って食べる席が配置されています。

 

久しぶりの「大戸屋」での食事に、何を食べようかワクワクしながら、メニュー表をチェック!

 

【関連画像2】



スポンサーリンク


 

魚料理やどんぶりなど、おいしそうな和食がたくさんあり、目移りしてしまいます。

 

そんな中選んだのが、

 

【関連画像3】

 

「炭火焼バジルチキンサラダ定食(¥885)」804Kcal塩分5.8gです。

 

私は、ご飯とお味噌汁、香の物がついた定食を頼みましたが、





 

おかず単品(¥700 451kcal 塩分2.9g)で注文したり、定食でもご飯を少なめ(¥865 704kcal 塩分5.8g)で注文することもできます。

 

また、この定食は料金が変わらず「ひじきご飯」「白米」「五穀米」と3種類のご飯を選択可能。

 

自分の食事量に合わせて、ご飯の量をカスタマイズできるのも「大戸屋」さんの魅力の一つ!

 

フードロスが減らせてエコですね。

 

【関連画像4】

 

ご飯の選択は、料金の追加なしの場合、「白米」「五穀米」の二択であることが多いので、「ひじきご飯」にしようか悩み・・・

 

結局、ひじきご飯の塩分が少し高めだったので、今回は「五穀米」を選択しました。

 

早速、チキンを一口、カリッとした皮が香ばしく、バジルの味が引き立ちます!

 

チキンの下に敷かれているのは、カボチャやトマト、水菜にレタス、キノコなどの色とりどりの野菜。

 

上から特製野菜ドレッシングをかけると、より野菜の味を感じることができます。

 

おいしい!!

 

ちょっと塩味が強いのではないかと思っていたお味噌汁も思ったほどしょっぱくなく、五穀米と交互にいただきながら、完食です。

 

安定のおいしさにまた来たくなる私でした。

 

大戸屋の食べログはこちら

 

アクセスはこちら


商品一覧

商品詳細

【関連画像1】