スポンサーリンク

山梨県にある「かぶとむしの森」に行ってきました!

心の休息にどこか森の中を歩きたいなと思っていたら、広告の端っこに「金川の森」という公園の紹介ページがあったので、面白そうだなと思って行ってみました。

 

「金川の森」と書いて「かねがわのもり」と読むそうで、山梨県の笛吹川の支流の一つ、金川沿いにある大きな公園です。

 

6個もの大きなエリアで構成されているらしく、その広さに、公園内で自転車がレンタルできるほど(笑)

 

野鳥観察からバーベキューにアスレチック、園内には古墳もあるというなんでもありな公園で、ご家族で行けば一日楽しめること請け合いです。

 

あまりに広いところなので、今回は、エリアの名前の面白さから「かぶとむしの森」に足を運んでみます。

 

 

【関連画像1】

 

 

一番近い駐車場に車をとめようと地図を見て行ったら、どんどん道が細くなり、どなたかのお家の中に入って行ってしまうのではないかと心配になりましたが、なんとか到着(笑)

 

車を降りて、道なりに散歩をしていると、池に綺麗な花がいっぱい咲いていました。

 

 

【関連画像2】

 

 

後で調べたら、アヤメ科のキショウブという花のようです。



スポンサーリンク


 

黄色が緑色の葉っぱに映えて、鮮やかさが際立っていますね。

 

木が林のように植わっている公園ですので、木漏れ日が綺麗で気持ちがいい!

 

日差しがまぶしいかなと思って、紫外線よけに帽子をかぶってきたのですが、気が付くと帽子をバックの中にしまっていました(笑)

 

まわりをきょろきょろと観察しながら、小鳥の声に耳を澄ませて、道を歩いていきます。

 

ふと見ると、あまりみかけないトンボが葉っぱに





 

 

【関連画像3】

 

 

イトトンボの仲間でしょうか。

 

ほどんど見たことのない種類だったので、遠くから観察。

 

あまりのボディーの細さにびっくりです。捕まえたら勢いで折れそう(笑)

 

生育環境に敏感な種類のトンボだそうなので、きっとこういう場所でしか、生息が難しいのかもしれませんね。

 

そして、エリアをぐるっと回って、マイナスイオンを大量吸収した帰り際、ポニーがご飯を食べていました。

 

 

【関連画像4】

 

 

どうしてこんなところに!?と驚かされましたが、近くに『のんき村』という、体験施設があるようで、そこで飼っているいるポニーちゃんでした。

 

ふわふわな毛並みがとてもかわいくて、触りたい衝動に駆られる私です。

 

でも、「ポニーちゃんの食事を邪魔してはいかん」と今回は我慢しました(笑)

 

ぜひマイナスイオンを体いっぱいに浴びたい方にお勧めの公園だと思います。

 

また機会があれば、『のんき村』やほかのエリアのほうにも行ってみたいです!

 

→山梨県森林公園 金川の森のアクセスはこちら


商品一覧

商品詳細

【関連画像1】