スポンサーリンク

山梨で開催中の「富士芝桜祭り」に行ってきました!

去年、家族がパンフレットでイベントを知り「行こう!」という話になったのですが、なかなか予定が合わず、断念。

 

そのリベンジをかけて、今年「2016富士芝桜祭り」に行ってきました!

 

会場へのアクセスは、河口湖駅から期間限定のバス「芝桜ライナー」と車の大きく分けて2種類です。

 

参加者の移動手段が、ほぼ車であることを予想して、午前中の早い時間から車に乗り込み、いざ会場へ。

 

 

【関連画像1】

 

予想通り、道は会場に向かって長い列になっていましたが、交通整理の皆さんの頑張りのおかげか、会場付近にくると丁寧な誘導があり、駐車場も空きスペースの管理がとても上手で、「どこが空いてるのか、わからないよ!」ということは全くなく、スムーズに駐車できました。

 

見上げると駐車場を見渡せる大きなやぐらから、望遠鏡で眺めている人が(笑)

 

管理のノウハウがしっかりしているんだなと、改めて実感です。

 

これだけの管理をされていると、駐車料金が普通車¥500、大型車¥2,000、バイク¥300 かかってしまうのも仕方ありませんね。

 

さて、入場チケットを買い、会場へ向かいます!



スポンサーリンク


 

 

【関連画像2】

 

 

チケット買って入場してからも、混雑を緩和させるためか、少し歩きます。

 

会場までは、舗装されていない砂利道になっていますが、衝撃を緩和する素材が敷いてあるので、車いすを利用される方も安心。

 

ところどころに置かれている「会場まで○分」と書かれた案内板の「分数」が少しずつ少なくなっていくと、いよいよだなとわくわく感が高まります!

 

会場に着くと、広い敷地の中一面に芝桜の花が「ぶわーっ」と広がっていました。





 

ピンク、紫、白、濃淡が少しずつ違う数多くの種類の芝桜が、本当に絨毯のよう。

 

思わずダイブしてみたくなります(笑)

 

ひざを折って近づいてみると、一つ一つの花が綺麗に咲いて、この景色を作り出しているのだということがよくわかります。

 

 

【関連画像3】

 

 

▲アネモネ

 

メインは「芝桜」の花なのですが、芝桜以外にもたくさんの種類の花が植えられており、その対比を楽しむことができるのが、またいいところ!

 

会場を練り歩き、景色を満喫。

 

もう、カメラのシャッターが止まりませんでしたよ(笑)

 

風が吹くと芝桜のいい香りが香ってくるようで、幻想的な景色に心が洗われました。

 

 

【関連画像4】

 

 

最後に富士山をバックに一枚。

 

素敵な時間をありがとうございました。


商品一覧

商品詳細

【関連画像4】