スポンサーリンク
1

女性なら誰でも一度は結婚を意識する時がありますよね。

 

結婚適齢期という言葉もありますから自分がそれほど意識していなくても周りの人達が

 

「結婚しないの?」

 

「だれか良い人はいないの?」

 

なんて声をかけてくるでしょう。

 

そういった人達は誰も悪気があって言っているわけではありません。

 

けれど言われた本人からしてみれば「そんなの余計なお世話です」「結婚しなかったらダメなんですか?」なんて反論したくなる事もありますよね。汗

 

独身時代に仲が良かった女友達。

 

例えば仲の良い女友達のグループで誰か1人が結婚したとします。

 

するとそれからは展開が早く、もう1人、またもう1人と次から次に結婚ラッシュが続きます。



スポンサーリンク


 

どうしてそうなってしまうのか。

 

それはおそらく焦りだとか憧れだとか、親孝行だとか色んな理由があるかと思いますが、結果的には幸せな結婚をしてグループもほぼほぼ脱退状態となっていきますよね。

 

a0790_000762_m

 

結婚に興味がなかったはずなのに、友達が結婚することでスピーチを頼まれたり、素敵なウエディングドレスを見てしまうと「自分が結婚する時には参考にしてみたい」と思ってしまうのは女性ならではだと思います。

 

結婚式ではウエディングドレスを着た花嫁さんがメインです。





 

ウエディングドレスを選ぶ時にはもちろん自分の好みが一番尊重されるべきだと思うのですが、そうはいってもどんなドレスでも好きだから似合うというわけではありませんよね。

 

a0027_001924_m

 

ドレス選びは結婚式を行う時間帯や、結婚式場によっても選ぶスタイルが変わってきます。

 

例えば教会での結婚式で午前中に式を挙げる場合。

 

オーソドックスなタイプが一番人気だと思いますが、もしもチャペル式などの場合にはバージンロードを歩く時にドレスが綺麗に見えるようにロングタイプのものを選ばれる方が多いです。

 

a0790_000722_m

 

結婚式にはこれまで何度か出席させて頂きましたが、やはり花嫁からの手紙や家族への花束贈呈などは何度見ても思わずほろりと涙がこぼれてしまいます。

 

ご両親がこれまでどんなに愛情をかけて子供を立派に育ててこられたか、想像するだけでも切なくて、幸せな瞬間に立ち会えた事をとても嬉しく思ってしまうのです。

 

結婚式を挙げず、挙式費用をそのまま新生活に回すといったカップルも増えてきているようですが、やはり人生のけじめをつけるという意味でも、結婚式は行って欲しいなと思います。

 

結婚式や披露宴は家族親戚にお互いのパートナーを紹介する場でもありますから、新しい家族の一員となる為の良いきっかけにもなると思うのです。

 

結婚式をお考えの方はこちらから


商品一覧

商品詳細