スポンサーリンク
shutterstock_468539633

コンビニコーヒーが人気となり、コーヒーショップも増え、上質なコーヒーが身近に感じられるようになっています。

 

スターバックスやタリーズ、ドトール、コメダコ珈琲店など、美味しい珈琲を提供しているお店も増えましたよね。

 

 

そんなコーヒーには、専門家がいることを知っていますか?

 

コーヒーの専門家のことをバリスタといい、様々な知識や技術を持っています。

 

コーヒーは身近なものだけに、バリスタの知識があるとカッコいいですよね!

 

では、バリスタになるにはどのようのしたらいいのでしょうか?

 

今回は、バリスタについてお話します。

 

バリスタは資格がなくても大丈夫!

コーヒーの専門家であるバリスタは、実はその資格がなくてもいいのです。

 

ですが資格を持っていると就職で有利になることや、自分で開業したときにアピールになります。

 

そのため、将来的に喫茶店のマスターになりたい!という方は、ぜひ取得しておくと良いでしょう。



スポンサーリンク


 

shutterstock_518188240

 

バリスタの勉強するには、独学か専門学校に通う方法がなどがあります。

 

学校に通学しない方法には、自分で専門書で勉強、コーヒーショップで修行する、通信教育があります。

 

海外ではバリスタの大会も開かれていて、海外に修行に行くこともその道を究める方法です。

 

 

通学にもいろいろなタイプが存在します。





 

2年間週5日通うコースや、週に2日や3日通い2年間あるいは1年間学習するコースなどです。

 

週2日程度では、仕事をしながら資格取得を目指すことができます。

 

専門学校では経営についても学ぶことができる!

専門学校では、コーヒーに関する学習だけではなく、カフェの勉強も行っているところが多いです。

 

そこではカフェメニューや経営についての勉強が行われています。

 

shutterstock_349458818

 

専門学校の選び方も重要です。

 

いかに設備が整っているのかが大事で、実際にコーヒーショップで使われている機械が使えるのかがポイントです。

 

なぜならエスプレッソは専用の機械が必要だからです。

 

通信教育では、費用がかからないのがメリットですが、実技ができないのがデメリットになります。

 

 

バリスタの資格は民間資格で、試験方法もそれぞれ異なります。

 

ある団体では、事前に講習を受けることが必要になります。

 

さらに資格にも段階があるので、少しずつステップアップすることができますよ。

 

 

資格や試験にかかる費用は、勉強方法で異なります。

 

専門学校は、設備や通う日数によっても変わり、140万円から150万円が1年に必要になります。

 

通信教育や講習だったら数万円となって安いのですが、実技ができないことがデメリットです。

 

 

勉強内容が違うので、あなたの目的に合った勉強方法を選ぶことが必要です。

 

将来、カフェやコーヒーショップを開業したいと考えているなら、経営についても学べる方が役に立ちますから専門学校に行った方が良いのかもしれません。

 

技術を磨くことを優先したいのであれば、コーヒーショップで働きながら資格取得を目指したり、海外へ修行に行くという方法があっているかもしれません。

 

バリスタはコーヒーの専門家のことですが、資格がないと働いたり開業できないというものではないので、自分のレベルや目指すところをはっきり決めてから勉強した方が費用を含め効率が良いと言えます。

 

まとめ

バリスタについてのお話でした。

 

持っていると箔がつきますが、必ずしも持っていないといけない資格ではありません。

 

そのため、費用と将来の方向性をよく考えて、決めましょう。

 

バリスタの資格に興味がある方は、日本バリスタ協会にアクセスしてみましょう!


商品一覧

商品詳細