スポンサーリンク
114041

佐賀県は九州の西部に位置している、福岡県と長崎県に挟まれた県です。

 

県内の人口は約80万人ほどと日本の中では少ない方ですが、人口密度は低くなく、決してさびれているわけではありません。

 

人口密度の高さは、九州では福岡県に次いで2番目の位置を占めています。

 

また、佐賀県は人口自体は少ないですが、出生率は日本の中では比較的高いので、15歳以下の人口比は高い状態が続いています。

 

今回はそんな佐賀県の見所や名産についてお話しますね!

 

佐賀県は古墳や城跡がたくさんある!

佐賀県には古くから人が住んでいた形跡があり、多くの遺跡や集落跡、貝塚などが発見されています。

 

また、中国や朝鮮半島に近いことから、文化の発達は非常に早く、古い古墳や城跡も見つかっています。

 

中世以降も歴史では有名で、大規模な城郭や城下町が作られました。

 

1yosinogari

 

観光地として有名なのは、やっぱり吉野ヶ里遺跡ですよね。



スポンサーリンク


 

私も小学校の社会科見学で訪れましたが、歴史に興味のない子供でも十分楽しめるところでしたので、家族で訪れても楽しめるかもしれません。

 

 

そんな佐賀県では、日本の他の都道府県と同じように、サービス業で雇用されている労働者の割合が大きいです。

 

しかし、他の都道府県と比較すると、第一次産業に従事している人の割合が高く、特に農業は盛んです。

 

農業で主に生産されているのは、米、大豆、大麦などの穀物です。

 

 

他にも多数の野菜や果物が生産されており、玉ねぎやアスパラガス、イチゴやみかんが有名です。





 

イチゴ狩りなども行われていますので、シーズン中に訪れると美味しいイチゴを満腹食べることができますよ。

 

また、みかんではハウス栽培されているものが多く、ハウスみかんの生産量は全国1位です。

 

漁獲高も非常に多く、貝類、サバ、タコなどがよくとられています。

 

佐賀県は陶磁器も有名!

佐賀県は、有田焼や唐津焼などの、陶磁器が有名です。

 

ブランドになっているものも多く、県内の第二次産業で重要な位置を占めています。

 

無題

 

佐賀県にある有田町は、陶磁器の生産額が町全体で200億円を超えるなど、大規模な陶磁器産業の町として知られています。

 

有田焼や伊万里焼は全国的にも有名なので、お土産にも良いかもしれませんね。

 

また、佐賀市や鳥栖市などでは自動車産業や半導体産業が盛んであり、シリコンウェハーと呼ばれる製品の生産高は、全国有数です。

 

 

佐賀県は面積や人口自体は少なく、経済でも地味な存在です。

 

しかし、特に農業や製造業では、日本国内で重要な位置を占めており、日本人だけではなく国外の人たちの生活も支えています。

 

まとめ

佐賀県についてのご紹介でした。

 

伊万里牛や嬉野茶などなど、旅行の際に食べたいものもたくさん見つかると思います。

 

嬉野温泉は女性に人気の美肌になれる温泉なので、女子旅にもおすすめですよ。

 

佐賀県についてもっと詳しく知りたい!という方は、こちらから公式サイトをチェックしてみてくださいね!


商品詳細