スポンサーリンク
5457359

ハワイ火山国立公園は、アメリカ領土のハワイ島に存在する公園です。

 

元々、ハワイ島は世界で最も活発な火山活動をしているキラウエア火山などの溶岩が海に流れる様子を安全に見ることができる特別な場所ですよね。

 

そして、この一帯は溶岩や樹林、溶岩洞窟などの自然の素晴らしさや多様性において評価され、1987年に世界遺産に登録されました。

 

今回はそんなハワイ火山国立公園についてご紹介しますね!

 

ハワイ火山国立公園は24時間入場できる!

ハワイ火山国立公園の面積は、なんと約1350平方キロもあります。

 

その敷地内には、マウナロア火山の頂上からキラウエア火山の一部分が含まれています。

 

hawaii-volcanoes-national

 

そんな世界遺産のハワイ火山国立公園の入場は24時間開放されていて、実際の入場では乗り物と徒歩で入場費が異なります。

 

ちなみに、カーは10ドルで徒歩5ドルと決められています。

 

車は場所を取るから…ということなのでしょうか?



スポンサーリンク


 

 

また、公園内には宿泊施設やキャンプもありますのでこれらを利用して、長期で見て回ることもできますよ。

 

公園に入るとハワイにおける火山と溶岩のリスクをビデオで確認することもできます。

 

また、キラウエア火山ほど活火山として絶え間なく同じ場所で見ることができる空間はありません。

 

光のまったくない暗闇の世界が広がる!

ハワイ火山国立公園の地域は、光などが全くない暗闇の世界です。

 

日本で生活していると、どこもかしこも街灯があって、真っ暗闇ってなかなか無いですが、ハワイ火山国立公園はすべての明かりがないので懐中電灯が不可欠です。





 

worldheritage763_2_20130121100508

 

ハワイ火山国立公園には、深さ約85メートルで直径900メートルのクレーターがある土地がありますが、ここには昔に溶岩が煮えたぎっていた溶岩湖だったと考えられています。

 

現在では近づけなかったり、危険な立ち入り禁止の地域に設定されていて入ることが認められていません。

 

またハワイ火山国立公園には洞窟もありますし、特別に多くの見どころがいっぱいあります。

 

 

そしてハワイ火山国立公園には、自然そのままの景色が数多く残されています。

 

元々、世界遺産として登録された地域に関しては、登録された状況のまま維持していく義務が求められるものです。

 

なので現在でもこの場所に行けば世界遺産に登録した当初の美しい景色を見ることができます。

 

自然が多いので立ち入り禁止エリアも多いですが、ガイドを付ければ安全にかつリスクなく進むことができるため観光スポットとしても有名です。

 

まとめ

ハワイ火山国立公園についてのご紹介でした。

 

ハワイといえば海!という印象が強いと思いますが、数泊のうち1日でもハワイ火山国立公園を訪れてみるとその自然に圧倒されると思います。

 

ハワイ火山国立公園についての情報は、こちらもチェックしてみてくださいね!


商品詳細