スポンサーリンク

低カロリーで食物繊維が豊富なえのきを使った炊き込みごはん!

子どもの頃は、きのこ類が嫌いでした。理由はそれが何だかよく分からなかったからかな。大人になった今は食べられます。

そんな私の息子は、きのこ類が大好き。

いろいろなお料理に入れています。

今日はえのきがあったので、炊き込みごはんを作ってみました。

 

—えのきの炊き込みごはん(2合)の材料—

えのき 100g - 石づきを切り落としてから半分に切ったら根元の方をばらしておく

人参 40g - 細めの短冊切り

乾燥きざみ昆布 適量 - 軽く水で洗う

油揚げ 1枚 - 短冊切り

だし汁 200cc



スポンサーリンク


みりん 大さじ2

醤油 大さじ1と2/1

塩 ひとつまみ

水(炊飯器でごはんを炊く時用) 適量

 

 

画像1-2





 

—作り方—

1.鍋に水、だじ汁、みりん、塩、醤油、塩、油揚げ、人参、きざみ昆布を入れて火にかけます。

 

2.沸騰したら中火で10分煮ます。

 

3.えのきを加えて弱火でさらに5分煮た後、火を止めて粗熱を取ります。

 

画像2-2

 

 

4.洗って水気を切ったお米に煮汁ごと入れます。お米を炊くのに必要な分量になるまで水を足します。炊飯器の目盛りを目安にします。お米が水分の表面から飛び出さないように気を付けながら軽く混ぜてスイッチオン。

 

 

画像3-2

 

5.出来上がり!

 

 

画像4-2

 

材料を直接お米と一緒に炊飯器に入れて炊く方が簡単だとは思うのですが、具にしっかりと味が染み込んでいる方が好きなので、いつも先に具を作っています。

 

その方が美味しいという根拠はないけど、そんな気がするので。

 

それから具材の形を揃えるようにしています。例えばえのきが細長いので、他の具材も細長くします。えのき代わりにしめじを使うんだったら、他の具材はいちょう切りや角切りにします。

 

これも美味しいという根拠ないけど、見た目もいいし、食べやすいかなと。

 

炊き込みごはんは、「おかずが少し寂しいかな?」という時にもぴったりです。普段のおかずと並べて出すと、簡単なのにご馳走度がアップしますよね。

 

えのきは冬にお鍋に入れて食べる人が多いと思うけど、冬だけじゃなく、1年中スーパーで簡単に手に入るし、低カロリーな上に食物繊維が豊富なのでお腹の健康が気になる人にもお勧めの一品です!


商品一覧

商品詳細

画像4-2