スポンサーリンク
sdfhgg

家計費に占める通信費の増加は今や社会的な問題となりつつあります。

 

3G通信の携帯電話では1回線あたり月額5,000円以下で運用出来ましたが、4GLTE回線が主流の現在では、月額6,000~8,000円と幅が広がりつつあります。

 

この状態は、高校生の子供を持つ家族にとっては非常に問題となります。

 

如何に、家族割や学割が適用されても家族4人では、毎月30,000円前後の支払いになります。

 

そこに追い打ちとなるのが、光通信回線を利用したインターネット通信です。大手携帯キャリアのサービスを利用しても、毎月30,000円の通信費越えは確実になります。

 

そこで私がおススメするのは、光コラボレーションを利用した『OCN光』と格安SIMの『OCNモバイルONE』を併用することです。

 

2016-06-30 (5)

 

OCNと言えばNTTのグループ会社であり、プロバイダー事業を展開する大手企業です。

 

つまり、格安SIMもNTTdocomoの回線を利用しており安定した通信サービスとなります。

 

しかし、私が考えるのは通信速度を重視したサービスではなく、如何に毎月の通信費を削減して実用的なサービスを受けるかといった点だと思います。



スポンサーリンク


 

そこでおススメなのが、『OCN光』と『OCNモバイルONE』の利用です。

 

OCNのサービスを利用すれば、毎月の通信費を10,000円以下に抑えることも可能になります。

 

それでは、どのようなプランを契約した場合、大手携帯キャリアの月額料金の1/3になるか紹介します。

 

先ず、光コラボレーションとしてOCN光に加入します。戸建てプランで月額5,100円に無線ルータのレンタル費用が300円となります。

 

2016-06-30 (1)





 

 

2016-06-30 (2)

 

合計金額は5,400円と光インターネットサービスでも一般的かつ平均的な料金です。

 

しかし、ここからがお得になるポイントです。

 

日本国内で使用される携帯電話すなわちスマートフォンの通信方式の主流は、NTTdocomoの通信方式です。

 

つまり、OCNの提供するOCNモバイルONEの格安SIMは日本国内に標準規格になります。

 

さてOCNモバイルONEですが、NTTdocomoのグループ企業ということもあり、格安SIMでも通信エリアや通信品質は同等となります。

 

また、OCN光との組み合わせにより通信費の大幅削減が可能です。

 

OCNモバイルONEとOCN光を契約した場合、1回線あたり200円の割引が受けられます。また。IP電話を使用すれば通信費を大幅削減することが可能です。

 

一例として、家族4人の場合を紹介します。

 

先ず、戸建てプランに加入したとします。月額料金は5,400円になります。

 

2016-06-30 (3)

 

 

2016-06-30 (4)

 

そこに、OCNモバイルONEのデータ専用SIM『050plusつきSIMカード』の110MB/日プラン1,050円に加入します。毎月の支払金額は、次の計算になります。

 

5,400円+1,050円×4回線-200円×4回線=8,800円です。

 

家族4人でこの金額は、唖然としてしまいます。ほとんど音声通話をしない方やWi-Fi通信が多い方にはOCNの提供するサービスは、家計に大助かりと考えます。

 

→OCNのページはこちら

 


商品一覧

商品詳細